>>ゲーム機 ソフト

野球テレビ ゲーム

現代の野球テレビゲームは昔とは比較にならないほどリアルになり、実名の選手は当たり前、顔から仕草まで選手本人そものみたいなゲームも登場しています。

野球テレビゲームの歴史は割と長く、ファミコンが登場する前からカセットビジョン(1981年 エポック社)のソフトとして「ベースボール」が登場していました。

野球テレビゲームの魅力といえば、1人でプレーしても、チームのメンバーキャラクターを操作できるところでしょうか。

「ベースボール」や「ファミスタ」といったファミコンの野球ゲームは、ボールを打ったり、キャッチするタイミングが難しいところもありますが、とてもシンプルで分かりやすかったと言えるようです。

チームごとに色分けされているので、何となく実在のチームや選手と照らし合わせて、プレイヤーの想像に任せていたところも今となってみると面白いと思います。

ファミスタあたりから、選手名が「クロマテ」のように実名に一文字変えた名前で登場する野球テレビゲームや他のスポーツゲームが増えていったようですね。

これはこれで、自分の知っている選手が変な名前になっているため友達と笑いながらプレーした記憶があります。

今後は任天堂wiiの登場からも、野球テレビゲームの楽しみ方も変化していき、まさに自分が野球選手になったかのようなバーチャル体験をできることでしょう。

攻略法サイト

テレビ ゲームの攻略法するのなら攻略本や雑誌もいいですが、攻略法サイトの方がゲームにまつわる情報が多いのでお勧めです。

有名なものに「ワザップ」というテレビゲーム攻略法サイトがあります。

このサイト、会員登録しないといけないですが、メンバーになると色々なサービスを受けることが出来るようになります。

攻略されているゲームの中には、

野球テレビゲーム、サッカーテレビゲーム、レーシングテレビゲーム、格闘アクションテレビゲームなどを始め、

発売されているゲーム殆どをカバーしていると言ってもおかしくないです。

攻略・裏技情報又は、噂、感想、スレットなどがプレイヤーから投稿されル仕組みを持っているため、情報が速く、豊富なのが特徴です。

話題となっているゲームは、

ポケットモンスターダイヤモンド・パール、モンスターハンター1、2、ポータブル、ドラゴンクエストモンスターズジョーカーと言ったところでしょうか。

こう見てみると、ポケモン、ドラクエなどのRPGがやはり根強い人気があるようです。

攻略法サイトを通じて、情報交換しているうちに友達ができると言う人も中にはいるようですね。

上手に使えば役に立つこと間違いなしです!

スポーツゲームとは?

スポーツゲームとは、「スポーツ」を題材としたテレビゲームのことで主に呼ばれています。

プレイヤーはゲーム上の選手(キャラクター)を操作し、実際のスポーツのようにバットを振る、ボールを蹴るなどのプレイをしていきます。

また同じスポーツでも選手の視点からでなく、監督や経営者の立場に立った、選手・チーム育成、経営シミュレーションといったジャンルのゲームも多く登場しています。

以下にあげるゲームが主となっているようです


野球
サッカー
テニス
ゴルフ
バスケットボール
ラグビー
スノースポーツ(スノーボード、スキー)
卓球
陸上競技


他には、アイスホッケー、アメリカンフットボールなどもありますが、海外での発売が多いようです。

又、プロレス、空手、相撲、などは一般的にスポーツと認識されていますが、実際のゲームでは格闘技の要素が大きいので格闘アクションのジャンルとして発売されています。

同じようにレーシングゲームもスポーツではなく、それ自体のジャンルとして発売されています。

スポーツゲームの初期では、選手名が実際の名前に一文字だけ変えた名前で登場し、その本人らしいような動きや能力を表現していることもありました。

ゲーム業界の発展により、ゲームメーカーが選手やチームと契約して公認されるゲームも登場することになりました。

選手キャラクターに実名を付けて登場させることに成功し、プレイヤーは感情移入しやすくなったと言えます。

家庭用ゲームのエミュレータ

ファミコンやディスクシステム、PCエンジンなど昔の家庭用ゲームは今では絶版されています。

購入してプレイすには、中古屋から購入しない限りできないようです。

もし自分で昔から持っているソフトがあるなら、本体のエミュレーターとデータを吸い取る機器を手に入れてみるのもよいかもしれません。

ですが、自分の所有していないソフトはROMイメージ化してはいけないので注意が必要です。

ファミコン一つとっても、あらゆるエミュレータ本体が存在します。

以下は公開されている、ファミコン本体のエミュレータです。


* Famtasia(多くのROMイメージに対応、BGMの再現性が高い)
* BioNES(DOS上で動く)
* Nesticle
* NNNesterJ
* iNES
* fwNES
* RockNES
* パソファミ
* MacFC
* VirtuaNES(動作はファミコンの中では最高峰と言われている)
* Nestopia
* SMYNES
* BeNES
  * Wiiバーチャルコンソール(wiiに搭載。ソフトはwiiのチャンネルから
   有料ダウンロードする)


これらの本体は、ネット上のサイトなどから無料でダウンロードできます。

プログラムの入手や実行は全て自己責任となっているので、良く規約などを読んでみることをお勧めします。

本体があるサイトを見てもどこにもROMイメージが転がっていないですが、配布は違法となるため置いているところはありません。

その為、サイト管理人や掲示板などで「ROMを下さい」などのメールはタブーとなっているようです。

エミュレータの良い点はどこでもセーブ・ロードが出来ることでしょう。

昔のゲームにはセーブ機能がないものが多く、クリアするのにぶっ続けでプレイしなければなりませんでした。

しかし、エミュレータの場合ではRPGなどの戦闘中でもセーブ・ロードができるため、いつでも止めることができて便利です。

また、スクリーンショットや動画記録、BGMエフェクトなどの機能があるものも中にはあり、自分流の遊び方が出来るのも大きな魅力と言えます。

ゲームのエミュレータとは?

エミュレータとは、一般的にコンピュータや機械装置の模倣装置、又は模倣ソフトウェアのことを指しています。

コンピュータ上のエミュレータは、ソフトウエアとして作られたものがほとんどを占めています。主なものではパソコンやゲーム機のエミュレータが多く作り出されています。

そしてその動作は、パソコンのwindowsやMacintoshのOS上で可能となっています。

しかし、昔のゲーム機のゲームであっても動作処理が遅いなど、高いパソコンの処理能力を必要とされています。

エミュレータの製作のほとんどは外国人が多いが、それをベースに日本人が改良を加えているものもあります。

ゲーム機種によっては、そのCPUや仕様により開発が難しいものもあるようです。エミュレータ本体はROMイメージ(ゲームソフト)がないとゲームを楽しむことはできません。

また、同じ機種のであっても違うエミュレータ本体では同じROMであっても動作しないものもあるそうです。

違法性の話では、ゲームエミュレーター本体自体、何も無い状態からプログラムし製作されているため違法性が無いと言われています。

ですが、ゲームのROMイメージはゲームソフトからのコピーで作成されています。

ネット上へのアップロードや、CDR等の記録メディアに保存して第三者に配布したり、又は頒布さされたものを違法性を知っていながら使用した場合は著作権侵害となります。

そのため、自分が購入して所持していないゲームのROMイメージを所有している場合は、速やかに削除しなければなりません。

ゲームの歴史を覆すようなプログラムですが、「自分のパソコンでレトロゲームをもう一度」など、気軽な気持ちで遊ぶのは危険です。

しっかりと法律の知識・情報を備えておくことが大切なようですね。

攻略法の現状

TVゲームの情報も昔では、ファミコン通信、ファミコンマガジンなどの専門雑誌からしか収集できませんでした。

しかし今ではインターネット上のワザップなどの攻略サイトから、攻略法・裏技までも手に入れることができ便利になっています。

テレビゲームの情報も膨大になりゲーム内容や裏技だけでなく、機種・周辺機器について、歴史について、ゲーム製作についてなど色々と語られています。

ゲームをする子どもを心配する親のために、与える影響やゲーム脳についての情報も公開されています。

昔では友達同士で裏技や攻略法を話あったりしてゲームを楽しんだものですが、今では、攻略掲示板などで他人と情報を交わしあってゲームを楽しむこともできます。

このようなゲーム攻略サイトのフォーラムを見てみると子どもの参加も多く、心配になる表現もたまに見られます。

また嘘の裏技情報も投稿され、トラブルの基となっているようです。現代ではゲームの情報提供するも得るにも自己責任が問われているようですね。

テレビゲームとは?

テレビゲームとは、値段が安く、操作が簡単な一般消費者に向けたコンピューターゲーム機、ゲームソフト、その市場全般を指す言葉として使われています。

また、人によっては「ファミコン」と一括りで言うこともあります。

似た言葉にビデオゲームというものもありますが、違いはブラウン管ディスプレイを使ったゲーム機全般の意味合いで区別されているようです。

しかし曖昧に使われていることもありますね。

テレビゲームの普及に火を付けたのが、1984年に登場したファミコンでしょう。

初めは任天堂から、野球、サッカー、レーシング、ゴルフといった、スポーツゲームが登場し、プレイヤーを楽しませました。

同時に、自宅のテレビでゲームが出来るということで、子どもが外で遊ばなくなるなどの現象見られるようになって行きました。

ゲームのジャンルも増えていき、スーパーマリオなどのアクション、スト?を始めとした格闘アクションなど、登場するたび、一時的に流行りだしました。

現代では、プレイステーション3、任天堂wiiなど次世代機種も登場し、ゲーム市場を騒がせています。

また、タッチペン操作で人気のNintendo DSなどの携帯型液晶テレビゲームも流行りだし、大人も楽しめるソフトが続々と登場し売り切れ店続出となっています。